ヴェルレーヌ魂 ~稽古場便り~

こんにちは、ユリです。
『“クルト・パイユ ”サントリーホール公演(二期会week第3夜)』が近づいてまいりました。

今日は第1部の稽古の様子をご覧いただきます。
クルト・パイユのみの第2部は、はかどっていないため掲載できません(汗)。オリジナル・オペレッタ『Les Femmes légères(軽い女たち)』を『ラストスパートな女たち』に改名しようかしらん。

さて、第1部は詩人ポール・ヴェルレーヌの詩作人生を詩の朗読と歌とダンスで綴る芝居型コンサート。ヴェルレーヌ役には舞台俳優の近藤善揮さん、結婚相手のマチルドにはダンサーCHIE、天才詩人ランボーにはテノール安冨泰一郎、この時代の芸術家をとりこにした毒酒アプサント(緑色の妖精と呼ばれた)の象徴にはダンサーAKI、そしてクルト・パイユのメンバーはヴェルレーヌの魂として詩を歌います。

舞台上で話される言葉は詩のみです。俳優さんの発する言葉には力があります。
c0182125_159293.jpg
詩はとにかく分かりやすく、そして出来る限りリズムに配慮し訳しました。自分が訳した詩を俳優さんが覚えて朗読して下さるなんて夢のよう(惚)。

泰ちゃんも頑張って長い詩を暗記してくれました!
c0182125_159508.jpg


ブリュッセルシーン
c0182125_20728.jpg


今回はAKI&CHIEがなんとも適材適所な感じで素晴らしい動きを見せてくれています。彼女たちのセンスと作品に対する真摯さには長年の友人として胸を打たれました。
c0182125_202256.jpg
優しき歌 ヴェルレーヌ&マチルド

c0182125_203919.jpg
ヴェルレーヌを擁護するかのようなアプサントの精

この舞台は一度きり!!
どうぞお見逃しなく。チケットは残りわずかです。

あ、確認の日時です(笑)。

2009年6月17日(水)19時開演
サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

S席4500円、A席3500円です。

では来週!
[PR]

by courtepaille | 2009-06-12 02:08 | コンサート・オペラ  

<< 二期会Week サントリー公演 コンサートします。 >>