二期会Week サントリー公演

17日にサントリーホール・ブルーローズで行なわれたクルトパイユ公演が、沢山のお客様の暖かい拍手と共に終演致しました。

2004年に結成したクルトパイユ。
始めはサロンコンサートから始まり、公演回数を重ね、5年目にして素晴らしい仲間達に囲まれながらこだわりのある舞台を作ることが出来、これも皆様あってのことと感謝の気持ちで一杯です!

いつも思うのですが、やりたいことのイメージだけは沢山あり、それを形にする為には沢山の方々のお力を借りなくてはいけません。そして今回は、そのことを再び認識させられた公演となりました・・・。

私達のイメージするヴェルレーヌを演じてくださった近藤善揮さん、フランス留学時代からついつい頼りにしてしまうテノールの安冨泰一郎さん、いつも素晴らしいダンスで私達を楽しませてくれるダンサーのアキ&チエ、無理なお願いも快く受け入れてくださった照明の島田さん、舞台監督を務めてくれた御村君と麻衣ちゃんの友人の方々、小道具を手伝ってくださった荻野先生と妹様、急な申し出にもかかわらず引き受けてくれた照明キュウのゆきちゃん、今回は譜めくりをお願いしてしまったけど、本当は素晴らしいピアニストである十川さん、ミュジークアレーズ代表の小野さん・・・。
そしていつもクルトパイユを応援してくださる皆様に支えられ、この公演を無事終えることが出来ました。

これからもフランス音楽を中心に楽しい企画コンサートを行なっていきたいと思っております。

今度ともどうぞ宜しくお願いいたします!!!

クルトパイユ

★後日写真と共に公演の様子をお知らせいたします!★
[PR]

by courtepaille | 2009-06-20 01:52 | コンサート・オペラ  

<< おまっとさんでしたー。(きんきん) ヴェルレーヌ魂 ~稽古場便り~ >>