笹川財団 レクチャー・コンサート

先月クルト・パイユは日本財団ビルのロビーで、笹川日仏財団主催のレクチャーコンサートに出演して参りました。

こちらのレクチャー・コンサートは、指揮者の中田昌樹さんがナビゲーターとなり、日本ではまだまだ身近ではないフランス・オペラを紹介し、様々な作曲家の音楽を解きあかすと同時に教科書に載っていないプライベートなお話まで聞けちゃう超お得なコンサート♪
その上無料なんです!

さて今回私たちが演奏した演目は、クルト・パイユの18番、ラヴェル作曲オペラ『子供と魔法』でした。
2005年にパルテノン多摩で自主公演をしたのが初めての公演でしたが、その後サントリ・ホール「二期会ウイーク」ではCG演出の公演をし、今年の秋にもパルテノン多摩主催公演が控えているという、私たちも大好きな演目です。

フランス音楽は言葉が出来ないと音楽にならないとよく言われます。
これはオーケストラの曲にも言われますが、まして歌の曲は言葉を無視して表現することはあり得ません!
フランス音楽と言葉との結びつきは、それほど密接な関係なのです。

ということでフランス留学で培ったフランス語力を発揮し、演奏できたかな~~~。

トーク中
c0182125_13342269.jpg


このオペラの中には「早川雪洲」や「ハラキリ」という日本語が出てきますが、ラヴェルとこれらの言葉との関係などの解説があったり、オーケストラ曲のラ・ヴァルツのような独特なワルツがこのオペラの中に盛り込まれていることや、ラヴェル流コラールの手法など、レクチャーは尽きることがありません!
ラヴェルは5年かかってこの作品を完成させただけあって、改めてすばらしい作品だということを再認識させられました。

研究に終わりはありませんね・・・。

終演後はフランス・ストラスブール歌劇場でコレぺティとして活躍したピアニストの江澤隆行さんと記念撮影。
c0182125_13343097.jpg


レクチャー・コンサートでは演出がありませんでしたから、ご興味をもたれた方は9月4日(日曜日)にパルテノン多摩で行われますオペラ『子供と魔法』を要チェックしてくださいね!
ちなみにパルテノン多摩公演は日本語で演奏いたします。
しかもこの訳詞は私たちクルト・パイユが行いました♪

席数に限りがございます。
チケットのご用命はお早めにこちらまで♪

チケットパルテノン
042-376-8181
http://parthenon.or.jp/


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~

      ~・~・~・~・~プライベート・ブログ~・~・~・~・~
         さよこのへや
  http://sayokooka.exblog.jp/
         ユリのへや  http://yurikomai.exblog.jp/
         麻理のへや  http://mari214.exblog.jp/
[PR]

by courtepaille | 2011-07-14 13:43 | クルト・パイユ  

<< オペラ 『子供と魔法』  パル... プライベートなブログ出来ました♪ >>