カテゴリ:コンサート・オペラ( 18 )

 

クルト・パイユが今宵

こんにちは、ユリです。おあつーございます。

今宵クルト・パイユが溜池山王に集まります(笑)。
c0182125_221343.jpg


笹川日仏財団
【フランスオペラへの誘い:レクチャーコンサート】
ファンタジー・リリックの傑作!
ラヴェル《子供と魔法》


今晩(6月30日)18:45~20:00 日本財団ビル バウ・ルーム

今宵は大盤振る舞い、入場無料でございます。

お楽しみに~。


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

by courtepaille | 2011-06-30 14:32 | コンサート・オペラ  

オペラ『ヘンゼルとグレーテル』

そういうわけで、いつの間にか新年を迎えております、ユリです。

今年のクルト・パイユは年明けから賑やかしにパルテノン多摩に行ってまいりました!1月8日に多摩地域のお母様&子供さんたちとの夢のコラボレーションオペラ「ヘンゼルとグレーテル」公演があったからなのですー!!
c0182125_23424561.jpg

それは去年の9月のことです。オペラのコーラスに参加してくださる総勢70名の皆様(内訳は子供さん50名、お母様20名)と初めてお会いしたのは!大変積極的な明るいパワーを感じたのは忘れられません。それからというもの私たちは皆様ととても打ち解けて楽しい時間を過ごさせて頂いておりました。

当初、私たちがパルテノンさんに募集をお願いしたコーラスの人数は30名でした。それが70名も集まって下さったのでした。逆に戸惑った私に担当の方は「稽古が厳しかったり疲れてしまったりできっと最終的には半分位に減ってしまうから、まずはこの人数にしておいたほうがいい」とおっしゃいました。そりゃそうだよな、と内心思いましたが、反面闘志も湧いてきました。「いいえ、一人だってリタイアさせません!」と(笑)。

歌自体が初心者だという方々がほとんどの中で、私たちが一番大切にしたいと願ったのは、歌や演技のうまさよりも、親子のコミュニケーション、地域の仲間とのコミュニケーション、そして劇場と地域とのコミュニケーションでした。その中で年代を超えて皆で成長すること、新しいものに挑戦する小さな勇気を持つこと、それらを共感したいと思いました。私が小さい頃、よく子供会の催しがありました。親だけでなく、近所のおじちゃん、おばちゃん、そして地域に育てられたような気がします。それを今回はオペラという未知の媒体を通して皆で育みたいと思いました。

c0182125_2351672.jpg
稽古風景を記録したドキュメンタリーCMが流れていたらしい。見たかった!

私が感じるところ、それは予想を超える成果だったのではないかと思います。こういうものに成果をたったの半年で求めるのは間違っているのかもしれません。でも私自身この半年、皆様に会うのが本当に楽しみだったし、さらに言えば、オペラ当日を迎え、今日で終わってしまうことにむしろ寂しさを感じたほどでした。コーラスの皆様の中にもコミュニティーが生まれ、私たちにも記念写真を下さったり、寄せ書きノートをこっそりと作成し下さったりと、大変思い出深い交流が持てたような気がしました。「ザ・信頼できる場所作り」、これからも続けていければいいなと思っています。

クルト・パイユはといいますと、昨年のサントリーホール「子供と魔法」の時のメンバー(バリトンの栗原さん、CGのあさいさん、照明のちはるさん)に加え、我等のピアニスト岩撫さん、私の附属の時からの同級生で今はピアノデュオをしている牧&麻衣子のコーラスまとめ係、ヘングレでの共演はもう3回目を迎えたマエストロ天野さん、何でもお助け屋さんの牧菜さんによる譜めくり、そして司会とナレーションをしてくださった福地さんのおかげで安心して本番を迎えました。もちろんホールの方たちのご尽力は言い尽くしえません。皆様本当にありがとうございました。
c0182125_2342896.jpg

あ~ぁ、楽しかったのに終わっちゃった!←これが正直な感想です。

そしていつもいつもクルト・パイユを支えてくださる皆様、-会場にいらして下さったお客様や、来れなくても我々の活動を応援してくださる全ての方-に感謝申し上げます。

そして70名のスーパー合唱団の皆様、楽しい思い出をありがとうございました!また会えますように!
c0182125_23474570.jpg

クルト・パイユ一同お礼を申し上げます。
ありがとうございましたー!!!
(野球部の試合後みたいな感じで)


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

by courtepaille | 2011-01-26 23:49 | コンサート・オペラ  

オッフェンバック・ナイト

明日18時45分から、溜池山王の日本財団ロビーで、クルト・パイユが贈る《オッフェンバック・ナイト》があります。

実際は日仏財団が主催の真面目なレクチャーコンサートです。でもオッフェンバック×クルト・パイユですから、早くもかる~い内容になりそうな予感。しかしながら「音楽とは楽しむものだ!」が合言葉ですから、間違ってません!大丈夫。私たちはいつでも大丈夫(笑)。

我等のオッフェンバックレパートリーを余すところなく見せます。魅せます。なんちゃって。

入場無料!是非!
[PR]

by courtepaille | 2010-09-13 01:36 | コンサート・オペラ  

怒涛の6月

こんばんは、最近暑いですね。
湿気ムンムンの「ザ・日本の夏」を楽しんでいます、ユリです。

早速、思い出し日記開始です。
6月は有難いことにコンサートが目白押しでした。まずクルト・パイユコンサートin山形。得意の“クルト・パイユ”オリジナル・オペレッタを上演。素晴らしい会場とノリの良い観客の皆様とで大盛り上がりの公演となりました。これについては麻理ちゃんが更新してくれるでしょう!

山形のお父さんとお母さん(田中家の)に、また8月に戻ってくるお約束をし、とんぼ帰り。翌日はオペラ『ヘンゼルとグレーテル』がありました。私の高校時代からの同級生ピアノデュオのコンサートです。なんと2人ったらオペラを2台ピアノで歌わせてくれました。贅沢。準備も長期間にわたり、とても大変だったと思います。ピアニストがオペラ制作をするなんて、よく頑張ったなぁと感心します。偉い!
c0182125_2331365.jpg
魔女が出てくると会場が盛り上がるんですよね~!
c0182125_2333880.jpg
c0182125_2334938.jpg
c0182125_240098.jpg
亀戸の子供たち。元気いっぱいのかわいこちゃんたちです。
c0182125_23419.jpg

前売り券は売り切れの大盛況。地域のお母さんとお子さんのコーラス隊にも感謝。いっつも稽古が楽しかったよん、亀戸の子供たちっ!

そしてサントリーでの「夢のラヴェル公演」を終えて、一昨日、昨日とまたコンサートがありました。6月20日は、30日にパルテノン多摩で行われる“クルト・パイユ”コンサートのプレコンサートがありました。麻理ちゃんと岩撫さんと参加。さーちゃんは仕事の都合で出演できませんでしたが、急に予定が変わり、来られることに(嬉々)!身の回りのお世話から、GPでの音響チェックなどこと細かにサポートしてくれました!

前半はフランスのデュオを、そして後半は日本の歌と『ヘングレ』の一場面を演技・衣装・小道具付きで歌いました。
c0182125_23516100.jpg
c0182125_236169.jpg

終演後はお客様とのティーパーティーがありました。おしゃれですね。質問コーナーなどあり、楽しく過ごすことができました。なかなかの質問揃いでしたよ!

続く21日は日仏財団でベルリオーズのレクチャーコンサートがありました。
このコンサートには正直うなされました(涙)。さーちゃんと私が出演、まーちゃんは譜めくリストで参加してくれました。

さーちゃんは歌曲集「夏の夜」を、私はシーン・リリック(といってもほとんどモノオペラ)の『エルミニー』を歌いました。この難曲たちの準備が大変だったのなんのって!お互い25分~30分ある大曲です。しかも2人とも新曲。さらに私の曲は日本初演だ、なんて言われていました。練習中も全神経を集中させて細かい音符と歌詞を見るものだから、さーちゃんなんて視神経がやられ、楽譜を拡大コピーし直していました(笑)。気持ち分かるわ~。
c0182125_237166.jpg
さーちゃんの「夏の夜」
c0182125_2364945.jpg
シーン・リリック『エルミニー』
楽譜がガチャガチャしている上に、テンポが速かったり、おしゃべりのシーンが多いので、譜めくりのまーちゃんも必死です(笑)。
c0182125_2372093.jpg
レクチャーをされる中田昌樹さんとベルリオーズについてお話しました。
c0182125_2363432.jpg
アンコールはベルリオーズのデュオを演奏。

まーちゃんに「いつ2人とも練習してたの?偉かった!」と褒められて、努力を認められた喜びが体の内側から溢れました(笑)。

そして終演後、会場にいらしていたお客様が私たちに声をかけてくださいました。
「一昨日、ラヴェルの『子供と魔法』を観ました!」と。
クルトパ3人で「えーー!!!」と感激でした。
「あ、あの人子供だ、お母さんだ、あ、火の精だ!」とステージを眺めながら思ったそうです。

無事にコンサートを終えたことと、そのお客様のお話に心から癒され、一転して素敵な夜となりました。

さ、まだまだ続く“クルト・パイユ”のコンサートです。

30日はいよいよパルテノン多摩での“クルト・パイユ”コンサートです。前半は日本の歌曲やオペラ、そして唱歌を存分に歌います。そして後半は“クルト・パイユ”オリジナル・オペレッタです。どうしようもない女たちの浮ついた日常を描いたドタバタ劇。くだらない物語と素晴らしい音楽をお楽しみください!みなさん来てね。

6月30日(水)13:30開演
パルテノン多摩 小ホール

ウェンズデー・アフタヌーン・コンサート
“クルト・パイユ”コンサート
 
←ここをクリック!コンサートのCM(動画)が見られます。

全席自由:3000円

ご希望の方は

courtepaille2010@gmail.com

まで。

こちらに直接ご連絡下さった方には内緒の大サービス付きです。
ここでは言えませんので、どしどしメールくださいね(笑)。


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

by courtepaille | 2010-06-23 03:01 | コンサート・オペラ  

いよいよです!

こんにちは、佐代子です!
上海から戻り、今は「子供と魔法」稽古の日々が続いています。
上海日記(佐代子編)は近々アップしますので今しばらくお待ちください。

さてサントリーホール ブルーローズで行われる「子供と魔法」もいよいよ来週18日となりました!稽古は順調に進んでおります。
今日は皆さんに少しだけその稽古風景をご覧いただきたいと思います。

今回「子供と魔法」では、クルトパイユ初の試みとしてCGを使ったオペラ演出になっています。これがまた楽しい!!しかもかわいい!!最後は泣ける!!というすばらしい映像。
この映像を客席の後ろで操っているのが今回お世話になっているCGデザイナーのあさいやすしさん。

c0182125_054514.jpg

ソファと椅子になりきっているお二人。怖いです(笑)まーちゃんは、椅子役。
ソファ役のバリトン栗原さんはすばらしいフランス語の発音と声、キャラクターでもうすっかり「子供と魔法」のスペシャリスト!!


c0182125_054191.jpg

子供役のゆりちゃんとお母さん役の私。

c0182125_0543392.jpg

こちらがCGのあさいさん。舞台の映像を見ながら、私たちの動きを確認しています。かっこいい!


こちらはつい昨日の稽古。今回は一人何役もこなします。
c0182125_0545291.jpg

二匹の猫、ニャ~、ミャ~しか歌いません(苦笑)

昨日は栗原さんの奥様がドーナッツを持って稽古場に来てくださいました。
c0182125_0552115.jpg

休憩時間にみんなでじゃんけんドーナツしたの図。


そんな楽しい稽古なのに、このオペラが楽しくないわけがありません!!
50分程度の短いオペラの中に、ラヴェル独特の音楽と登場人物が見事に描かれた作品。ラヴェルの最高傑作オペラといっても過言ではありません。
あまり日本では上演されないこの「子供と魔法」を是非すばらしいCGと共にお楽しみください!

6月18日(金) 19時開演(18時30分開場)
サントリーホール ブルーローズ
S席:4500円 
A席:3500円

チケット取り扱い、お問い合わせ:
ミュジーク・ア・レーズ 03-6325-0613(tel,fax)
courtepaille2010@gmail.com

皆様にお会いできるのをクルトパイユ一同お待ちしております!!

c0182125_055519.jpg

稽古後の息抜き・・・


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

by courtepaille | 2010-06-10 01:35 | コンサート・オペラ  

♪ 今週末 ♪

突然ですが明日20日(土)、明後日21日(日)に友達の電子音楽コンサートが東京日仏学院であります。まずはチラシをご覧ください。
c0182125_9233266.jpg

c0182125_9235031.jpg

かっきょいい~~~(かっこいい)!!
でもちょっと字が小さいので詳しくは下記のサイトをご参照くださいませ(苦笑)

会場・お問い合わせ:東京日仏学院
〒162-8415東京都新宿区市谷船河原町15
tel.03-5206-2500 fax.03-5206-2501
http://www.institut.jp

<タイムスケジュール>
http://www.institut.jp/ja/evenements/9480

友達の檜垣智也くんはとても素晴らしい作曲家です。現在はたくさんの大学、またパリでも後進の指導にあたっていて、国内外で大活躍されています。
私とともくんとは10年以上前に「ヘンゼルとグレーテル」のオペラで出会いました。私はヘンゼルをやっていて、彼はその当時、音響をやっていたのかな??・・・というほど、お互いあまりお話もせず時間は過ぎていました。
その何年後かにクルトパイユでもお世話になっている倉知竜也さんからパリにメールを頂き、ともくんがパリにいることを知りました。ともくんのアドレスも聞いたので、その当時あまりパリに友達がいなかった私は早速(!)連絡を取りました。すぐには会えなかったのですが何カ月後かに実現。檜垣夫妻の住むおうちに招待していただき、またそこからお付き合いが始まりました。

ともくんはとてもおもしろい人なんです。(有名になったからこんなこと書くと怒られそう(汗))
高校時代は毎日「ストラヴィンスキー」を聞きながら山口県の田んぼ道を自転車で登校し、シンセサイザーを買い、所属する演劇部の音楽、効果音などを制作していたそう。すごいマニアックといえばマニアックな高校生。でもこのマニアックさが今の仕事に大いに役立っているんだろうね~。
パリでは檜垣夫妻と三人でよく一緒にご飯を食べたり、話したり・・・彼らははとてもゆったりした人で一緒にいるととても落ち着きます。でもともくんの毒舌にはいつも苦笑でしたけどね、ははは。

毒舌例:「さよちゃんはいつも楽譜をいれるための大きな鞄を持ってるけど、たまには小さなカバンを持たないと男の子にもてないよ」・・・・とか

ま、それは楽しかった思い出の1つとして。
檜垣くんの作品には私も何曲か参加させていただきました。その中でも「Souff[l/r]ant」はCDにもなっています。この録音はすごかったなぁ~、でも楽しかったなぁ~~!!
クルトパイユでも大変お世話になりました!!

仕事は情熱的で、プライベートはのんびりと、少し毒を吐きながら(笑)過ごす檜垣智也の魅力は誰もが虜になることでしょう。是非、今週末お時間がありましたら東京日仏学院に行ってみてはいかがでしょうか。

檜垣智也ホームページ http://musicircus.net/

佐代子でした。


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

by courtepaille | 2010-02-19 10:15 | コンサート・オペラ  

クルト・パイユが表紙に!!

c0182125_1511679.jpg

ジャジャーン!
結成から5年、ついにクルト・パイユが表紙に登場(涙そうそう)。

アップにしたろっと。
c0182125_148376.jpg


新しく始まるパルテノン多摩主催、水曜サロンコンサートが紹介された冊子です!
パルテノン多摩News 2月号

それぞれソリストとしての活動があっても、こうしてクルト・パイユとして扱われると、嬉しいものですね~(しみじみ)。

“クルト・パイユ”コンサート
6月30日(水)13:30開演 パルテノン多摩


是非、ご来場くださいませ。あの伝説のオリジナルオペレッタ『軽い女たち』を再々演致します。
毎回、改訂されるこの落ち着きのないオペレッタ、今回は今までの最もくだらないところを中心に取りあげました。乞うご期待!

~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

by courtepaille | 2010-02-06 01:53 | コンサート・オペラ  

1月8日はミューザ川崎へ♪

今年の元旦、2日は吹雪で外に出られませんでした!!
3日、やっと吹雪から大雪に変わったので、いそいそと初詣に行って参りました♪
(やった~~!)

初詣に選んだ神社は、去年もお世話になった羽黒山。
雪の羽黒山はこれまた厳しい寒さ。
本堂は雪囲いしています。
c0182125_23342248.jpg


ここでは一度に3つの神社をお参りすることが出来ます。
c0182125_2334338.jpg


寒いよ寒いよ~~!
c0182125_23361159.jpg


鐘つき堂もこんなに雪が・・・。
c0182125_23361985.jpg


その後遅ればせながら映画『おくりびと』の撮影地へ。
地元なのに、実は初めて訪れました!その前に、『おくりびと』まだ見てないの・・・。
c0182125_2344661.jpg


はぁ~い!NKエージェント。
c0182125_23352623.jpg


音楽家が職を失って田舎に帰り、音楽ではなく違う職に就くなんて・・・、人ごとではありませんね!!
しかもその田舎が山形だなんて・・・。本当に身近に感じてしまいます(笑)。

幸せの価値観って人それぞれ違うけど、歳をとっていろいろ経験し始めると、自分自身の成功よりも、自分のまわりの人の幸せを考えるようになったかなぁ。
いつまでも音楽に携わっていたいけど、人間としての温かい心を無くしてしまっては、元も子もないのです・・・。音楽家であることは=(イコール)人格者であるのが本当なんですよね。
あ~~、たどり着くのには果てしない道のりだけど、だからこそ進みたくなるのよね~。

最後に今年の歌い初めのコンサートをご案内させてください。
1月8日(金)の12:10と19:00に、ミューザ川崎大ホールで二期会マイスタージンガーのコンサートに出演します。
二期会マイスタージンガーとは、ダブル・カルテットのアンサンブル・グループで、フランス留学前からお世話になっているグループです。
実は12月にみなとみらいホールでクリスマス・コンサートにも出演しておりました。

本格的なクラシック音楽に入る前の入門編コンサートを目的としていて、演目も「夢路より」とか、ビートルズの「イエスタデー」とかマイフェアレディーの「踊り明かそう」とか、美女と野獣のテーマとか歌っちゃいます。

もちろん、オペラの中から椿姫の「乾杯の歌」や、プッチーニの「私のお父さん」なんかも歌いますので、クラシック初心者から中級者までお楽しみいただけると思います。

入場料もランチタイム・コンサートは、たったの500円!
夜のコンサートも1000円と格安!!

ご興味のある方は是非いらしくてくださいね!
詳細はミューザ川崎ホームページをご覧下さい♪
http://www.kawasaki-sym-hall.jp/

c0182125_0114640.jpg


麻理でした!
[PR]

by courtepaille | 2010-01-05 00:13 | コンサート・オペラ  

フランス音楽を聴きに行こう!Vol.2 御礼!!

12月6日(日)、ティアラこうとうで行われた『フランス音楽を聴きに行こう!Vol.2』が無事終了致しました。
お陰様で沢山の方々にご来場いただき、この場をかりまして、心より御礼申し上げます!!
東京都内はもちろん、神奈川や千葉からいらして下さった方々、そして山形からいらして頂いた恩師、両親、いつもお世話になっている方々、いつも応援して下さる方々、感謝してもし切れません!!

ありがとうございました!
c0182125_19503156.jpg


そして今回はクルトパイユのメンバーゆり&さーちゃんも友情出演してくれ、改めて友情に感謝させられたコンサートとなりました。

ありがとう!!
出演者と共に。
c0182125_19502493.jpg


今回はドビュッシーとフォーレの感じる愛の形の違いを、音楽を通してのぞいてみよう!という、ちょっとしたレクチャーも入れてみましたが、どうだったかなぁ?
知らない曲も、多少の知識と共に鑑賞すると面白くなってくることってありますよね!

第1部、『恋するドビュッシー』の一場面。
c0182125_19494177.jpg


最後に共演してくれた真保さん、タカシ君、そしていろいろお手伝い頂いたまきちゃん&麻衣子ちゃん、感謝の気持ちで一杯です!
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございました♪

麻理
[PR]

by courtepaille | 2009-12-15 19:59 | コンサート・オペラ  

フランス音楽を聴きに行こう!Vol.2

皆様こんにちは!
芸術の秋、9月10月は文化庁の『本物の芸術鑑賞会』で関東を巡り、11月に入ってユリの代理で日フィルのパーカッション・アンサンブルの現代曲コンサートに出演し、地元山形では「アイスクリームの歌」で有名な服部公一さんとコンサートをしたりと、インフルエンザが猛威をふるう中、何とか元気で歌ってまいりました。

ということでご案内が大変遅くなり申し訳ございませんでした!
12月6日(日)、一足早いクリスマス・コンサートを行います!

c0182125_23423670.jpg

c0182125_2343222.jpg

今回はドビュッシーに『子供の領分』を、フォーレに『ドリー』を書かせた魔性のソプラノ歌手、エンマ・バルダックに焦点を当てたお芝居仕立てコンサート。
後半はモーツァルトの有名なアレルヤや定番クリスマス・ソングをお楽しみいただきます。
特別ゲストも出演予定!!!きっとあの人とあの人…。

そして今回ソムリエが用意してくれるワインは・・・なんでしょう!
きっと最強の女性エンマに合ったワインを紹介してくれることでしょう。

チケットのご用命はこちらまで!お待ちしております!
Mail:Musiquealaise@yahoo.co.jp
Tel:09038128850(ミュジーク・ア・レーズ)

ご案内

フランス音楽を聴きに行こうVol.2
第1部:恋するドビュッシー
第2部:クリスマス・コンサート

19:00開演(18:30開場)
ティアラこうとう小ホール(地下鉄半蔵門線・都営新宿線「住吉」下車 A4出口徒歩4分)

~出演~
ソプラノ:田中麻理
ピアノ:長野真保
コンセール・ドゥ・ソムリエ:Takashi

~プログラム~
ドビュッシー作曲:『忘れられし小唄』『子供の領分』
モーツアルト作曲:『踊れ・喜べ・幸いなる人よ』
クリスマス・ソング『ジングルベル』『サンタが街にやってくる』他

会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

麻理でした。
[PR]

by courtepaille | 2009-11-18 00:08 | コンサート・オペラ