笹川財団 レクチャー・コンサート

先月クルト・パイユは日本財団ビルのロビーで、笹川日仏財団主催のレクチャーコンサートに出演して参りました。

こちらのレクチャー・コンサートは、指揮者の中田昌樹さんがナビゲーターとなり、日本ではまだまだ身近ではないフランス・オペラを紹介し、様々な作曲家の音楽を解きあかすと同時に教科書に載っていないプライベートなお話まで聞けちゃう超お得なコンサート♪
その上無料なんです!

さて今回私たちが演奏した演目は、クルト・パイユの18番、ラヴェル作曲オペラ『子供と魔法』でした。
2005年にパルテノン多摩で自主公演をしたのが初めての公演でしたが、その後サントリ・ホール「二期会ウイーク」ではCG演出の公演をし、今年の秋にもパルテノン多摩主催公演が控えているという、私たちも大好きな演目です。

フランス音楽は言葉が出来ないと音楽にならないとよく言われます。
これはオーケストラの曲にも言われますが、まして歌の曲は言葉を無視して表現することはあり得ません!
フランス音楽と言葉との結びつきは、それほど密接な関係なのです。

ということでフランス留学で培ったフランス語力を発揮し、演奏できたかな~~~。

トーク中
c0182125_13342269.jpg


このオペラの中には「早川雪洲」や「ハラキリ」という日本語が出てきますが、ラヴェルとこれらの言葉との関係などの解説があったり、オーケストラ曲のラ・ヴァルツのような独特なワルツがこのオペラの中に盛り込まれていることや、ラヴェル流コラールの手法など、レクチャーは尽きることがありません!
ラヴェルは5年かかってこの作品を完成させただけあって、改めてすばらしい作品だということを再認識させられました。

研究に終わりはありませんね・・・。

終演後はフランス・ストラスブール歌劇場でコレぺティとして活躍したピアニストの江澤隆行さんと記念撮影。
c0182125_13343097.jpg


レクチャー・コンサートでは演出がありませんでしたから、ご興味をもたれた方は9月4日(日曜日)にパルテノン多摩で行われますオペラ『子供と魔法』を要チェックしてくださいね!
ちなみにパルテノン多摩公演は日本語で演奏いたします。
しかもこの訳詞は私たちクルト・パイユが行いました♪

席数に限りがございます。
チケットのご用命はお早めにこちらまで♪

チケットパルテノン
042-376-8181
http://parthenon.or.jp/


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~

      ~・~・~・~・~プライベート・ブログ~・~・~・~・~
         さよこのへや
  http://sayokooka.exblog.jp/
         ユリのへや  http://yurikomai.exblog.jp/
         麻理のへや  http://mari214.exblog.jp/
[PR]

# by courtepaille | 2011-07-14 13:43 | クルト・パイユ  

プライベートなブログ出来ました♪

皆様、お暑うございます。
とうとう夏本番!熱中症にかからずに乗り気ましょうね!

さてクルト・パイユから大切なお知らせです。

クルト・パイユも今年の秋で8年目に突入いたします。
これまでご愛顧頂いたブログをより読みやすく、これまでの公式ブログに加え、個人ブログを開設いたしました。
公式ブログではクルト・パイユの活動を中心に、そして個人ブログではよりプライベートな活動や日々の出来事を大放出いたします!

アクセスは次の通り。
どうぞお楽しみくださいませ~♪

クルトパイユのおうち 
さよこのへや  http://sayokooka.exblog.jp/
ユリのへや  http://yurikomai.exblog.jp/
麻理のへや  http://mari214.exblog.jp/



~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~

      ~・~・~・~・~プライベート・ブログ~・~・~・~・~
         さよこのへや
  http://sayokooka.exblog.jp/
         ユリのへや  http://yurikomai.exblog.jp/
         麻理のへや  http://mari214.exblog.jp/
[PR]

# by courtepaille | 2011-07-11 14:15 | クルト・パイユ  

クルト・パイユが今宵

こんにちは、ユリです。おあつーございます。

今宵クルト・パイユが溜池山王に集まります(笑)。
c0182125_221343.jpg


笹川日仏財団
【フランスオペラへの誘い:レクチャーコンサート】
ファンタジー・リリックの傑作!
ラヴェル《子供と魔法》


今晩(6月30日)18:45~20:00 日本財団ビル バウ・ルーム

今宵は大盤振る舞い、入場無料でございます。

お楽しみに~。


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

# by courtepaille | 2011-06-30 14:32 | コンサート・オペラ  

オペラ『ヘンゼルとグレーテル』

そういうわけで、いつの間にか新年を迎えております、ユリです。

今年のクルト・パイユは年明けから賑やかしにパルテノン多摩に行ってまいりました!1月8日に多摩地域のお母様&子供さんたちとの夢のコラボレーションオペラ「ヘンゼルとグレーテル」公演があったからなのですー!!
c0182125_23424561.jpg

それは去年の9月のことです。オペラのコーラスに参加してくださる総勢70名の皆様(内訳は子供さん50名、お母様20名)と初めてお会いしたのは!大変積極的な明るいパワーを感じたのは忘れられません。それからというもの私たちは皆様ととても打ち解けて楽しい時間を過ごさせて頂いておりました。

当初、私たちがパルテノンさんに募集をお願いしたコーラスの人数は30名でした。それが70名も集まって下さったのでした。逆に戸惑った私に担当の方は「稽古が厳しかったり疲れてしまったりできっと最終的には半分位に減ってしまうから、まずはこの人数にしておいたほうがいい」とおっしゃいました。そりゃそうだよな、と内心思いましたが、反面闘志も湧いてきました。「いいえ、一人だってリタイアさせません!」と(笑)。

歌自体が初心者だという方々がほとんどの中で、私たちが一番大切にしたいと願ったのは、歌や演技のうまさよりも、親子のコミュニケーション、地域の仲間とのコミュニケーション、そして劇場と地域とのコミュニケーションでした。その中で年代を超えて皆で成長すること、新しいものに挑戦する小さな勇気を持つこと、それらを共感したいと思いました。私が小さい頃、よく子供会の催しがありました。親だけでなく、近所のおじちゃん、おばちゃん、そして地域に育てられたような気がします。それを今回はオペラという未知の媒体を通して皆で育みたいと思いました。

c0182125_2351672.jpg
稽古風景を記録したドキュメンタリーCMが流れていたらしい。見たかった!

私が感じるところ、それは予想を超える成果だったのではないかと思います。こういうものに成果をたったの半年で求めるのは間違っているのかもしれません。でも私自身この半年、皆様に会うのが本当に楽しみだったし、さらに言えば、オペラ当日を迎え、今日で終わってしまうことにむしろ寂しさを感じたほどでした。コーラスの皆様の中にもコミュニティーが生まれ、私たちにも記念写真を下さったり、寄せ書きノートをこっそりと作成し下さったりと、大変思い出深い交流が持てたような気がしました。「ザ・信頼できる場所作り」、これからも続けていければいいなと思っています。

クルト・パイユはといいますと、昨年のサントリーホール「子供と魔法」の時のメンバー(バリトンの栗原さん、CGのあさいさん、照明のちはるさん)に加え、我等のピアニスト岩撫さん、私の附属の時からの同級生で今はピアノデュオをしている牧&麻衣子のコーラスまとめ係、ヘングレでの共演はもう3回目を迎えたマエストロ天野さん、何でもお助け屋さんの牧菜さんによる譜めくり、そして司会とナレーションをしてくださった福地さんのおかげで安心して本番を迎えました。もちろんホールの方たちのご尽力は言い尽くしえません。皆様本当にありがとうございました。
c0182125_2342896.jpg

あ~ぁ、楽しかったのに終わっちゃった!←これが正直な感想です。

そしていつもいつもクルト・パイユを支えてくださる皆様、-会場にいらして下さったお客様や、来れなくても我々の活動を応援してくださる全ての方-に感謝申し上げます。

そして70名のスーパー合唱団の皆様、楽しい思い出をありがとうございました!また会えますように!
c0182125_23474570.jpg

クルト・パイユ一同お礼を申し上げます。
ありがとうございましたー!!!
(野球部の試合後みたいな感じで)


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

# by courtepaille | 2011-01-26 23:49 | コンサート・オペラ  

オッフェンバック・ナイトと思いきや

こんばんは、ユリです。
今日はもう肌寒いくらいの一日でした。大気はすっかり秋の粧い。久々に雨の匂いを嗅いでいます。

前回の日記にありますレクチャーコンサートですが、オッフェンバック・ナイトだと思っていたのは私たちだけで、行ってみたら「ベルリオーズとオッフェンバック」でした(爆笑)!

こういうことってあるのねー、まぁいいか、といった感じで長い間歓談していたら、ピアニストの江澤さんが「君達、本番ぶっつけでやるつもり?!」と合わせのお誘いに来てくださいました(笑)。ちなみにこちらの江澤さんは、10月1日の相可佐代子リサイタルでのピアニストでもあります!

コンサートは始まり、オッフェンバックの部に入るや否や、レクチャーをなさる先生の私へのむちゃぶりに一瞬動揺を隠せませんでしたが(笑)、私の知っている限りのオッフェンバック情報と、その作品の内容と面白さのポイントを、絞りに絞り出しだし、なんとか終了!瞬間的に知恵熱でるわ、ホント!

そんなこんなでその日も愉快にコンサートを終えたクルト・パイユなのでしたー。

コンサート終了後はクルトパが集まったことで宴会をし、翌日もまたさーちゃんが東京にいるうちに、お世話になっている方々へのご挨拶も兼ねて宴会。さーちゃんのお酒の強さを初めて知った私なのでした。かっこえー、さーちゃん。

私は場違いにクリームソーダーを飲み、その場の皆様をドン引きさせました。
c0182125_122860.jpg
クリームソーダーを片手にお刺身を食べる妙。


〜・〜・〜・〜・〜クルト・パイユ オフィシャル ホームページ〜・〜・〜・〜・〜
[PR]

# by courtepaille | 2010-09-16 04:32 | クルト・パイユ  

オッフェンバック・ナイト

明日18時45分から、溜池山王の日本財団ロビーで、クルト・パイユが贈る《オッフェンバック・ナイト》があります。

実際は日仏財団が主催の真面目なレクチャーコンサートです。でもオッフェンバック×クルト・パイユですから、早くもかる~い内容になりそうな予感。しかしながら「音楽とは楽しむものだ!」が合言葉ですから、間違ってません!大丈夫。私たちはいつでも大丈夫(笑)。

我等のオッフェンバックレパートリーを余すところなく見せます。魅せます。なんちゃって。

入場無料!是非!
[PR]

# by courtepaille | 2010-09-13 01:36 | コンサート・オペラ  

暑中お見舞い申し上げます!

毎日暑い日が続きますね~~~。
それでも最近雨が降ったりしてますが、体調管理にお気をつけ下さいませ!

2010年上半期、お陰さまでヴォーカル・アンサンブル“クルト・パイユ”も初心に戻って仲良く楽しくコンサート活動を行うことが出来ました。
6月には山形ソロプチミスト・コンサート、サントリーホールでの二期会ウイーク・コンサート、パルテノン多摩でのオリジナル・オペレッタ公演と、お陰さまで大変充実した活動を行うことができました。これも一重に、皆様の支えあってのことと心より感謝申し上げます!!

2010年下半期の全員揃ってのコンサートは、9月13日(月)の笹川財団フランス音楽レクチャー・コンサート『オッフェンバックのオペレッタ』を皮切りに、三重県での学校公演、徳島でのクリスマス・コンサート、そして来年1月には再びパルテノン多摩でのオペラ『ヘンゼルとグレーテル』が控えております。(詳しくはコンサート・カレンダーをご覧下さい!)

これからも音楽に真剣に向き合いながら、楽しい舞台作りに励んでまいりたいと思っております。今後とも皆様のご支援、ご声援のほど、どうぞよろしくお願いいたします♪


                                 クルト・パイユ一同


※夏にはやっぱり雪景色でしょ。目から涼んで頂ければ幸いです。(山形県羽黒神社より。)
c0182125_1146021.jpg


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

# by courtepaille | 2010-07-30 11:51 | クルト・パイユ  

パルテノン多摩 『水曜サロン・コンサート』

今日も暑いですね~~。
6月があまりにも充実しすぎていたので、7月に入ってなんとな~く日々が過ぎていますが、暑さに弱い私は早速体調壊しそうです・・・。

さてクルト・パイユ上半期最後の公演を飾ったのは ♪ パルテノン多摩コンサート ♪ でした!
ご来場くださいました皆様、そしていつも応援くださいます皆様に心より感謝申し上げます!!

c0182125_12241825.jpg


コンサートの第1部はオール日本の歌を、そして第2部ではクルト・パイユならではのオリジナル・オペレッタ、『軽い女たち』を演じました。

内容は・・・、

~~~ 大きなお屋敷の主人であるユリンセス様と、そこに使えるメイドのまりちゃんは上半期もお疲れ様でしたパーティーの準備に大忙し!そこへお隣に住む友人さよ子が1人のイケメン?を引き連れてカスタネットをたたきながらやってきます。女3人に対して男は1人。さてさて誰に軍配が上がるのかしら?? ~~~ というどたばたコメディー。

ここには載せられませんが、私も自分を捨ててメイド服着て頑張ってます!!(苦笑)
c0182125_12244563.jpg


終演後は私たちのサイン会付き♪ 頼まれていなくともお節介で書いちゃいます!
(ちなみに私たちのCDとフランス留学本も好評発売中!)
c0182125_12445482.jpg


私たちの相棒“アイゲン・アート・ミュージック”のぞちゃんとはゆくんと駒井家のお母様と共に。
c0182125_1225328.jpg


最後はパルテノン多摩の表玄関のところに大々的に貼ってあったポスターと共に。
見つけたときは嬉しかったな~~~♪
c0182125_12252395.jpg


公演後、リアル上半期もお疲れ様でしたパーティーを近くのホテルの一室で行いました!
あ~~、あの時は本当に酔っ払ったなぁ。楽しかった♪♪♪

さていつまでも6月の頑張りに浸っていたい所ですが、そうも言ってられません!
7月25日(日)は東京文化会館小ホールで『二期会駅伝コンサート』、8月3日は同じく東京文化会館小ホールで『モーニング・コンサート』、そして10月1日は名古屋で『 相可さよ子 メゾ・ソプラノ・リサイタル』が行われる予定です。
下半期も忙しくなりそう!!

これからもクルト・パイユの活動、そしてそれぞれのメンバーのソロ活動も応援下さいますようお願い申し上げます!!

麻理でした。

~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

# by courtepaille | 2010-07-08 13:04 | クルト・パイユ  

怒涛の6月

こんばんは、最近暑いですね。
湿気ムンムンの「ザ・日本の夏」を楽しんでいます、ユリです。

早速、思い出し日記開始です。
6月は有難いことにコンサートが目白押しでした。まずクルト・パイユコンサートin山形。得意の“クルト・パイユ”オリジナル・オペレッタを上演。素晴らしい会場とノリの良い観客の皆様とで大盛り上がりの公演となりました。これについては麻理ちゃんが更新してくれるでしょう!

山形のお父さんとお母さん(田中家の)に、また8月に戻ってくるお約束をし、とんぼ帰り。翌日はオペラ『ヘンゼルとグレーテル』がありました。私の高校時代からの同級生ピアノデュオのコンサートです。なんと2人ったらオペラを2台ピアノで歌わせてくれました。贅沢。準備も長期間にわたり、とても大変だったと思います。ピアニストがオペラ制作をするなんて、よく頑張ったなぁと感心します。偉い!
c0182125_2331365.jpg
魔女が出てくると会場が盛り上がるんですよね~!
c0182125_2333880.jpg
c0182125_2334938.jpg
c0182125_240098.jpg
亀戸の子供たち。元気いっぱいのかわいこちゃんたちです。
c0182125_23419.jpg

前売り券は売り切れの大盛況。地域のお母さんとお子さんのコーラス隊にも感謝。いっつも稽古が楽しかったよん、亀戸の子供たちっ!

そしてサントリーでの「夢のラヴェル公演」を終えて、一昨日、昨日とまたコンサートがありました。6月20日は、30日にパルテノン多摩で行われる“クルト・パイユ”コンサートのプレコンサートがありました。麻理ちゃんと岩撫さんと参加。さーちゃんは仕事の都合で出演できませんでしたが、急に予定が変わり、来られることに(嬉々)!身の回りのお世話から、GPでの音響チェックなどこと細かにサポートしてくれました!

前半はフランスのデュオを、そして後半は日本の歌と『ヘングレ』の一場面を演技・衣装・小道具付きで歌いました。
c0182125_23516100.jpg
c0182125_236169.jpg

終演後はお客様とのティーパーティーがありました。おしゃれですね。質問コーナーなどあり、楽しく過ごすことができました。なかなかの質問揃いでしたよ!

続く21日は日仏財団でベルリオーズのレクチャーコンサートがありました。
このコンサートには正直うなされました(涙)。さーちゃんと私が出演、まーちゃんは譜めくリストで参加してくれました。

さーちゃんは歌曲集「夏の夜」を、私はシーン・リリック(といってもほとんどモノオペラ)の『エルミニー』を歌いました。この難曲たちの準備が大変だったのなんのって!お互い25分~30分ある大曲です。しかも2人とも新曲。さらに私の曲は日本初演だ、なんて言われていました。練習中も全神経を集中させて細かい音符と歌詞を見るものだから、さーちゃんなんて視神経がやられ、楽譜を拡大コピーし直していました(笑)。気持ち分かるわ~。
c0182125_237166.jpg
さーちゃんの「夏の夜」
c0182125_2364945.jpg
シーン・リリック『エルミニー』
楽譜がガチャガチャしている上に、テンポが速かったり、おしゃべりのシーンが多いので、譜めくりのまーちゃんも必死です(笑)。
c0182125_2372093.jpg
レクチャーをされる中田昌樹さんとベルリオーズについてお話しました。
c0182125_2363432.jpg
アンコールはベルリオーズのデュオを演奏。

まーちゃんに「いつ2人とも練習してたの?偉かった!」と褒められて、努力を認められた喜びが体の内側から溢れました(笑)。

そして終演後、会場にいらしていたお客様が私たちに声をかけてくださいました。
「一昨日、ラヴェルの『子供と魔法』を観ました!」と。
クルトパ3人で「えーー!!!」と感激でした。
「あ、あの人子供だ、お母さんだ、あ、火の精だ!」とステージを眺めながら思ったそうです。

無事にコンサートを終えたことと、そのお客様のお話に心から癒され、一転して素敵な夜となりました。

さ、まだまだ続く“クルト・パイユ”のコンサートです。

30日はいよいよパルテノン多摩での“クルト・パイユ”コンサートです。前半は日本の歌曲やオペラ、そして唱歌を存分に歌います。そして後半は“クルト・パイユ”オリジナル・オペレッタです。どうしようもない女たちの浮ついた日常を描いたドタバタ劇。くだらない物語と素晴らしい音楽をお楽しみください!みなさん来てね。

6月30日(水)13:30開演
パルテノン多摩 小ホール

ウェンズデー・アフタヌーン・コンサート
“クルト・パイユ”コンサート
 
←ここをクリック!コンサートのCM(動画)が見られます。

全席自由:3000円

ご希望の方は

courtepaille2010@gmail.com

まで。

こちらに直接ご連絡下さった方には内緒の大サービス付きです。
ここでは言えませんので、どしどしメールくださいね(笑)。


~・~・~・~・~クルト・パイユ オフィシャル ホームページ~・~・~・~・~
[PR]

# by courtepaille | 2010-06-23 03:01 | コンサート・オペラ  

オール・ラヴェル・プログラム 御礼!

こんばんは、ユリです。
昨日、名残惜しいことにサントリーホールにて“クルト・パイユが贈るラヴェルの宝石箱”が終わってしまいました。嗚呼残念。。。

第1部のラヴェルの歌曲は、アクセサリーデザイナーの加山忠則さん、メイクアップアーティストの畠中亮太さん、照明のChiharu Arakawaさんらが、ラヴェルの異国情緒を存分に引き出して下さいました。
c0182125_143025.jpg

c0182125_145875.jpg

また第2部のオペラ『子供と魔法』では、CGデザイナーのあさいやすしさん、同じく照明のちはるさんのご協力のもと、素晴らしいオペラが出来上がりました。
c0182125_153596.jpg

また照明のアシスタントのためにいらして下さった柏木陽子さん、CGQのために稽古から付き合って下さった鷲巣牧子さん、本当に御世話になりました。ありがとうございました。

私が企画書を書いている段階で頭の中で思い描いていたような作品、いや、実際はそれ以上の作品がコンサート一本としてまとまったのを感じました。幸せでした。

もちろん、演奏者としてクルト・パイユにご協力して下さった岡本泰寛さんや栗原剛さん、紺野さくらさん、そしてむっずかしいコーラスを懸命に頑張って下さった戸田の合唱団、響友会の皆様と助演の皆様、さらにクルト・パイユを最初から最後まで支えて下さった名ピアニストの長野真保さん、皆様あっての舞台でした。

心から感謝しております。ありがとうございました。

先ほどは、しらじらしくフルネームでお名前を出しましたが、実は手伝ってくれたメンバーはみんな昔からの仲間です。楽屋では「このメンバーが集まるなんてなんて楽しいんだろう!」と言って記念写真を撮りました。こんな風に生きていけたら最高だねと口々に言い合いながら素晴らしい時間を過ごしました。加山君なんて「1年で一番この日を楽しみにしていた!」なんて言ってくれました。亮太なんて自主的に休みをとってきてくれました。陽子も半休を取って手伝ってくれたし、牧は可愛い子供達を預けてまで数日稽古に付き合ってくれました。私たちは幸せ者です(涙)。
c0182125_172927.jpg


夢のように素敵な時間をどうもありがとうございました。
そして会場に来てクルト・パイユを応援してくださった多くの皆様、夢の時間を共有してくださった皆様に心からの感謝を申し上げます。どうもありがとうございました。

詳しい写真はまたあとで!
だって今は、明日、明後日のコンサートの準備で必死なのさ(汗)。では、ばいなら!ふるっ。

*ボーナスショット*
開演前に必ずやる、「ぎゃんばるぞい円陣」の図。さすがタカシ君(またの名をソムリエ・デュ・コンセール)、いいところ押さえてるわ!
c0182125_1105971.jpg


〜・〜・〜・〜・〜クルト・パイユ オフィシャル ホームページ〜・〜・〜・〜・〜
[PR]

# by courtepaille | 2010-06-20 02:54